トイレットペーパー以外にも

トイレ掃除の方法トイレットペーパー以外にもトイレがつまってしまう原因は複数あります。特に最近増えて来ているのがトイレに流せるタイプのお掃除シートです。トイレットペーパーよりも厚手で殺菌作用がありますのでトイレ掃除の方法としては、かなり利用しやすいお掃除グッズです。

しっかりと流れてくれますので非常に処理をしやすいのですが、それでもトイレットペーパーと比べると、どうしても水に溶けにくくなっているものもあります。あまりに頻繁にトイレに流せるタイプのお掃除シートを使用している場合には、流れずにつまってしまう事も考えられますので注意が必要になります。

また、吐瀉物や、カップラーメンなどの食べ残しなどを頻繁に流してしまっているような場合にも注意が必要になります。特に油分が多い物というのは水に溶けにくくなっていますので、排水管にこびりつきやすくなっています。こびりついた排水管は、ティッシュなどが付きやすくなっていますので、どんどんと狭くなってしまい、排水管をつまりやすくなってしまいます。吐瀉物は仕方がありませんが、食事の残り物などをトイレにそのまま流してしまうというのは大変危険ですので、絶対にしないように心がけてください。

少量のトイレットペーパーでも

少量のトイレットペーパーでもトイレのつまりは発生してしまいます。なぜ水に溶けやすいトイレットペーパーを想定の量を使っているのにつまってしまうのかというと、トイレットペーパーを流す水の量が足りていないという場合があるからです。なぜこのような状況が生まれるのかというと、テレビや雑誌などでよく紹介されている節水方法による物です。

トイレトイレは毎日複数回にわたって使いますので、どうしても水道料金に直接的な影響を与えてしまいます。このトイレで使用する水の量を調整する事ができれば、効果的に水道料金を減らす事ができます。そのため、ペットボトルを使って節水するというのはとても有効な手段として紹介される機会が増えています。

トイレのタンクにペットボトルに水を入れたものを沈めると、強制的に流す際に使用される水の量を減らす事ができます。トイレを使用する回数は一度や二度ではありませんので、かなりの節水効果が期待できると言われているのですが、水の量を減らしてしまうという事は、それだけ流す力が弱くなってしまう事になります。トイレットペーパーを使用しない場合には問題ありませんが、トイレットペーパーを流す場合には、流す力が弱くなってしまい、つまってしまうのです。


▼関連記事▼

  1. なぜトイレのつまりが起きるのか
  2. 大量のトイレットペーパー
  3. トイレットペーパー以外にも

大量のトイレットペーパー

トイレのつまりの原因として覚えておいて欲しいのは、トイレットペーパーが原因の場合です。普段何気なく利用しているトイレットペーパーがトイレのつまりの原因になるなんて想像もつかないかも知れませんが、実は非常に多い原因となっています。

トイレットペーパートイレットペーパーは、水に溶けやすいように開発された紙ですので、普通に使用していればトイレがつまる事はありません。ティッシュペーパーが無くなったからといってトイレットペーパーで鼻をかんだ事がある方は経験があるかも知れませんは、少量の鼻水であってもすぐに溶けてしまい、上手に鼻をかむ事ができないくらいモロいものです。

そのため、どれだけ流してもしっかりと流れると思ってしまいがちですが、ここで問題になってくるのが流す量です。トイレットペーパーは確かに水に溶けやすく設計されていますが、同じようにトイレもある程度の量のトイレットペーパーを流す事を想定して造られています。トイレットペーパーの量というのは増えれば増えるほど溶けにくくなっていきます。そのため、あまりに多いトイレットペーパーを一度に流してしまうと、どうしてもトイレのつまりが発生しやすくなっているのです。トイレットペーパーだから安心という事ではありません。ようするに使い方が正しいかどうかが重要になってくるのです。


▼関連記事▼

  1. なぜトイレのつまりが起きるのか
  2. 少量のトイレットペーパーでも
  3. トイレットペーパー以外にも

なぜトイレのつまりが起きるのか

水回りのトラブルで最も厄介なのは、やはりトイレのつまりだと思います。利用頻度が多いトイレのトラブルは、生活に与える影響が大きく大変です。また、汚水などに触れるのは生理的なストレスが高くなっていますので、できれば避けたいトラブルである事は間違いありません。しかしながら、水回りの中でも特に使用頻度が高いトイレは、どうしてもトラブルが起きやすい部分になっていますので、しっかりと対応しなければいけません。

トイレットペーパートイレのつまりの原因にはいろいろなものが考えられます。最近増えてきているのが、携帯電話やスマートフォン、ボールペンなど本来でしたらトイレに流す事がないような物を流してしまったケースです。トイレの排水管の大きさは決まっていますし、便器のデザインも異物を流すように設計されておりませんので、トイレのつまりの原因になってしまいます。よくトイレでスマートフォンなどを利用している方や、ユニットバスなどで近くに歯ブラシや洗顔フォーム、ひげそりなどがあるような方の場合には、誤ってトイレに落としてしまう可能性がありますので十分に注意してください。

トイレのつまりで異物を流してしまう事よりも多い原因のひとつがトイレットペーパーによるものです。トイレットペーパーはトイレで流されるように開発されているのに、どうしてそれが原因になるのか分からないという方も多いと思いますので、こちらでは、トイレットペーパーがトイレのつまりになる原因についての情報をご紹介していきます。


▼関連記事▼

  1. 大量のトイレットペーパー
  2. 少量のトイレットペーパーでも
  3. トイレットペーパー以外にも