少量のトイレットペーパーでも

少量のトイレットペーパーでもトイレのつまりは発生してしまいます。なぜ水に溶けやすいトイレットペーパーを想定の量を使っているのにつまってしまうのかというと、トイレットペーパーを流す水の量が足りていないという場合があるからです。なぜこのような状況が生まれるのかというと、テレビや雑誌などでよく紹介されている節水方法による物です。

トイレトイレは毎日複数回にわたって使いますので、どうしても水道料金に直接的な影響を与えてしまいます。このトイレで使用する水の量を調整する事ができれば、効果的に水道料金を減らす事ができます。そのため、ペットボトルを使って節水するというのはとても有効な手段として紹介される機会が増えています。

トイレのタンクにペットボトルに水を入れたものを沈めると、強制的に流す際に使用される水の量を減らす事ができます。トイレを使用する回数は一度や二度ではありませんので、かなりの節水効果が期待できると言われているのですが、水の量を減らしてしまうという事は、それだけ流す力が弱くなってしまう事になります。トイレットペーパーを使用しない場合には問題ありませんが、トイレットペーパーを流す場合には、流す力が弱くなってしまい、つまってしまうのです。


▼関連記事▼

  1. なぜトイレのつまりが起きるのか
  2. 大量のトイレットペーパー
  3. トイレットペーパー以外にも