なぜトイレのつまりが起きるのか

水回りのトラブルで最も厄介なのは、やはりトイレのつまりだと思います。利用頻度が多いトイレのトラブルは、生活に与える影響が大きく大変です。また、汚水などに触れるのは生理的なストレスが高くなっていますので、できれば避けたいトラブルである事は間違いありません。しかしながら、水回りの中でも特に使用頻度が高いトイレは、どうしてもトラブルが起きやすい部分になっていますので、しっかりと対応しなければいけません。

トイレットペーパートイレのつまりの原因にはいろいろなものが考えられます。最近増えてきているのが、携帯電話やスマートフォン、ボールペンなど本来でしたらトイレに流す事がないような物を流してしまったケースです。トイレの排水管の大きさは決まっていますし、便器のデザインも異物を流すように設計されておりませんので、トイレのつまりの原因になってしまいます。よくトイレでスマートフォンなどを利用している方や、ユニットバスなどで近くに歯ブラシや洗顔フォーム、ひげそりなどがあるような方の場合には、誤ってトイレに落としてしまう可能性がありますので十分に注意してください。

トイレのつまりで異物を流してしまう事よりも多い原因のひとつがトイレットペーパーによるものです。トイレットペーパーはトイレで流されるように開発されているのに、どうしてそれが原因になるのか分からないという方も多いと思いますので、こちらでは、トイレットペーパーがトイレのつまりになる原因についての情報をご紹介していきます。


▼関連記事▼

  1. 大量のトイレットペーパー
  2. 少量のトイレットペーパーでも
  3. トイレットペーパー以外にも