大量のトイレットペーパー

トイレのつまりの原因として覚えておいて欲しいのは、トイレットペーパーが原因の場合です。普段何気なく利用しているトイレットペーパーがトイレのつまりの原因になるなんて想像もつかないかも知れませんが、実は非常に多い原因となっています。

トイレットペーパートイレットペーパーは、水に溶けやすいように開発された紙ですので、普通に使用していればトイレがつまる事はありません。ティッシュペーパーが無くなったからといってトイレットペーパーで鼻をかんだ事がある方は経験があるかも知れませんは、少量の鼻水であってもすぐに溶けてしまい、上手に鼻をかむ事ができないくらいモロいものです。

そのため、どれだけ流してもしっかりと流れると思ってしまいがちですが、ここで問題になってくるのが流す量です。トイレットペーパーは確かに水に溶けやすく設計されていますが、同じようにトイレもある程度の量のトイレットペーパーを流す事を想定して造られています。トイレットペーパーの量というのは増えれば増えるほど溶けにくくなっていきます。そのため、あまりに多いトイレットペーパーを一度に流してしまうと、どうしてもトイレのつまりが発生しやすくなっているのです。トイレットペーパーだから安心という事ではありません。ようするに使い方が正しいかどうかが重要になってくるのです。


▼関連記事▼

  1. なぜトイレのつまりが起きるのか
  2. 少量のトイレットペーパーでも
  3. トイレットペーパー以外にも